島唄~琉球民謡・奄美民謡

今回、ひょんなきっかけで 八重山を旅することになってから

ぐぐっと沖縄音楽文化にも興味をもち・・
琉球民謡のひとつも知ってたほうが 現地で民謡酒場にいくなり ゆんたくなりさらに深く楽しめそう・・と
思い
「安里屋ユンタ」「てぃんさぐぬ花」「竹富島で会いましょう」 とか動画で探して見たり聞いたりしてます。

カチャーシーについても。。。

(私って はじめての旅するときは その土地のことを ある程度詳しく調べてから(地理やナンやら)行くほうなので
なんとかなるのよ。よし、とにかく行ってみよう!と勢いでいけるひとが ちょっと羨ましかったり。。。)

それと シーカヤックつながりで知った 与論島のバンド「かりゆしバンド」を知ったり。

思うのは 南の人たちは 縄文人気質だな~ 海の民だな~て。自分も血が流れてるなぁ~と。。
意味がわかりづらくてごめんなさいね。

鹿児島に住んでいると まぁ、奄美民謡とかサンシンは身近な地元のTVニュースや特集や
情報としては豊かなものなのです。
でも 当たり前すぎて 改めて向き合う、触れるという機会がなかなかないというか。

恥ずかしながら つい最近まで 琉球民謡と奄美民謡の区別がつかなかった私。
調弦も弦の弾き方も歌い方も曲調も違うんですよね

ちなみに これは 奄美民謡「六調」タテのりです(笑) 
見てると思わず手踊りしたくなっちゃうところが鹿児島人?


琉球民謡 「豊年音頭」カチャーシーです。 微妙に手踊りも奄美とちがいますよね


こちらが 鹿児島ハンヤ節 去年 渋谷であって 渋谷おはら祭りの動画


ちなみに、私は 10年ほど前 ちょっと三味線をかじってたので おはら節とハンヤ節は弾けました(た。です)

職場でまちの夏祭りでハンヤを踊ることになってから
なぜか こういう流れが自分の中にきてるようです。 かっちょよくいえば、アイデンティイの再確認?


また 三弦をやってみたいと思ってるところです。
さっそく 鹿児島ではとても珍しい 琉球三線の講座が生涯学習講座で開講されるとのことで
挑戦です。
(でも受講者が少ないと 開講されず、多いと抽選だとか。むむむぅ)
[PR]

by oosumihayato | 2010-04-04 18:40 | 北へ