八重山のたび  石垣島4月22日(木)

鹿児島から那覇までの機内、眼下に広がる島々と海に

「ふぁ・・・ ここの海を野元さんは シーカヤックで単独縦断したわけか・・・ すっご・・・・・」
ただただ 口をポカンとあけて 眺めておりました

まず、空気感の違いは 他の方の旅行記にもあるように乗り継ぎで、那覇空港でタラップに立ったときでした。

もあぁ~とした、 湿り気を帯びた空気が全身を包みました。鹿児島の1ヶ月半先くらいの気候という感じ。

(うっひゃ~ きちゃったよ。沖縄!)

那覇空港に着陸態勢に入るときに、ほんとに眼下にさんご礁と青い海が見えて

南の島にやってきたんだ~・・て 実感しました。

機内では もってきた 八重山諸島のガイドブックをパラパラとめくっていたのですが
隣に座ってたおじさんが 降りるときになって
「八重山まで旅行するの?」て話しかけてきて・・ はじめての八重山ひとり旅を告げると
「いいねぇ、 僕の知り合いが竹富島に住んでいて いつか遊びに来いて言われてるんだけど
なかなかいく機会がなくってね~ いいところだから 楽しんでおいでね」といわれました。

今、思えば 竹富島のどこか聞けばよかったかな~(苦笑)

着陸すると前述の日記のとおり、那覇空港は走りぬけに近い状況でしたが・・・

石垣島にはあっという間について・・・
飛行機からタラップ降りて建物まで 歩くなんて、うまれてはじめての体験でした

まずは、航空機とセットで予約していたレンタカーで、石垣島をぐるっと一周ドライブすることにしました
カウンターのお兄さんのナマリに (あぁ、沖縄だぁ)と嬉しくなり。

嬉しくなりすぎて、車の説明をひととおりうけた後 乗り込んで 出発しようとしたら

レンタカーの事務所に これからの八重山滞在で活用する大事な荷物キャリーケースを置き忘れてきたことを思い出しました。 漫画ですねぇ・・・・・

あわてて とりに行くと 事務所の長イスに ポツンと寂しげに残っておりました。


まずは 白保方面から玉取崎展望台・平久保崎をめざします。

そして 玉取崎展望台へ。。  風、強っっ! 

d0088735_20174766.jpg

d0088735_20183189.jpg


しばらく 写真とったり ぼ~とさんご礁の沖を眺めてみたり・・・ でもまだまだ地に足がついてないような

そして、平久保崎に向かいました。

d0088735_20214271.jpg

d0088735_20222660.jpg


風、強っっっ!!!!! 吹き飛ばされそうな・・・ まるで台風が来る前のような強風。
確かに 島のまわりは四方海ですから 吹き上げてくる風がまともに当たり
踏ん張ってないと 吹き飛ばされそうな風! てか吹き飛ばされると海ですから。
d0088735_20245072.jpg

d0088735_2025854.jpg


石垣島最北端☆
d0088735_2028151.jpg


はぁ~ こんなきれいな海をシーカヤックするのもいいかもねぇ。
[PR]

by oosumihayato | 2010-05-10 20:31 | 北へ