八重山旅最終日 竹富島から旅立って・・・

朝。水牛の「ブモ~」と鳴き交わす声と
アカショウビンの「ピュリルルルル~」と近くで鳴く声で 目が覚めました。
d0088735_16454482.jpg

d0088735_16463770.jpg


朝ごはんを食べると それぞれ 旅立ちはじめました。
宿のおじぃは 朝の野良仕事へと自転車を押して畑にでました。。
d0088735_16451952.jpg


黒島帰りの年配の方は 今日は竹富島を歩いて一周するとかで、
孔雀の羽をリュックにさして 出かけました。

二人組みのお兄さんは 自転車で最後にまわってくるといい旅立ち。

私は昼近くの高速船で帰ることにしていたので しばらくにゃん次とたわむれることに
って にゃんじ~ あなた・・・(笑)
d0088735_16473633.jpg


同宿で仲良くなったAさんも今日帰るとのこと、
「んじゃ、一緒に集落 ぷらぷら散歩しましょうか」ってことで ぼちぼち歩くことにしました。
d0088735_16512030.jpg

まずは 自転車をお隣さんに返却しに立ち寄り デイゴ基金の募金箱があったので
なにげなく募金したら お店のおばちゃんが
「わぁ~!寄付してくれたよ~!ついさっき募金箱を置いたばかりなの。おねえちゃんが 第1号だよ」って
大喜びで言ってくれました。
はしゃいでくださって・こっちもうれしいような 恥ずかしいような照れるなぁ~
そんなわけで 丸八レンタサイクルの募金箱の第1号は私だそうです(^^;

d0088735_16521550.jpg

前から、三線の音色と共に水牛車がスロ~リ~にやってきました

d0088735_16531971.jpg

d0088735_17481122.jpg

d0088735_16544247.jpg

d0088735_16552193.jpg


コンドイ浜まで歩いてみました。
d0088735_16562158.jpg

d0088735_1658764.jpg


そして そのうちに お別れの時間となり。
最後に にゃんじに会えるといいなと思っていたら 軒先にいました。まぁるくなって(笑)

d0088735_16594792.jpg


いよいよ 宿のお父さんの運転で 港まで向かう段になって
何を思ったのか にゃんじが ワゴン車の2台に飛び乗って 二台でねそべりうだうだ。
ヘルパーさんが
「この子、車にはあまりいい思い出なくって 車好きじゃないはずなのに・・なんで飛び乗ったかなぁ」って
小首をかしげるほど。
帰らないでにゃん。っだったのか? にゃんじは フシギな女の子です。

送迎にAさんも同乗してくれて お見送りしてくださってるヘルパーさんに車内からお礼と挨拶すると
ヘルパーさんが にゃんじを抱き上げてくれて ”お手ふり”してくれて
それをみたら 一気にせつなくなって、涙がこみあげて 思わず号泣してしまいました。

なにもかもが 絵になる風景で。帰りたくないって気持ちと。

でも 乗る予定の船が着いてしまいました。。。。
以下はAさん撮影。↓
d0088735_173726.jpg

足取りは重く。
d0088735_1722913.jpg

さよ~ならぁ~~ うぇーん(><)
d0088735_1733522.jpg


ちなみに私からは こんなカンジで 必死にべそかきながら1枚撮影しました。
d0088735_1745175.jpg


石垣港についたら ちょうど 石垣島トライアスロンの日で。中心部は交通規制
ならば仕方ないと乗り込んだタクシーの運転手のお母さんの出身が鹿児島県ということで
 話がなごんでちょっと救われ

空港についたら「ご予定の便ですと 到着が遅れた場合、鹿児島ゆきの那覇発最終便に乗り遅れる可能性があります。1便前に変更できますので」とオススメされ

変更したら もうすぐ離陸とのことで すぐに搭乗。
石垣空港には5分もいなかったんじゃないかしら・・・
d0088735_177274.jpg



また 近いうちに 八重山を旅するぞ・・!
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 17:07 | 北へ