道東の旅 最終章

釧路空港12時すぎの飛行機だったので、ガイドブックみて 阿寒湖からは1時間半くらいかかるらしい。
逆算して阿寒湖半の民宿を9時に出発することにしました。

・・・というのも 最後にもう一度オンネトーに立ち寄りたくて。湖を見ておきたくて。

最近 旅すると 最後は水に縁のあるところに立ち寄ってます。
4月の八重山ではコンドイビーチに。去年の岩手では北上川河畔のイギリス海岸に。
そんなわけで 今回の旅はオンネトーを最後に選びました。
d0088735_14504273.jpg


阿寒湖畔から足寄方面に向かって走り 9時半ごろ湖畔に到着しましたが 

観光客は他に誰も見当たらず。 ひとっこひとり いないし、声もせず。

d0088735_14522511.jpg

なんと、オンネトー貸切。
です


d0088735_14534245.jpg

朝の陽光をうけて 湖の湖面が キラキラと輝いています


長年、パソコンのデスクトップの壁紙にして いつか行ってみたいと思ってた湖。この景色なのよ~!!
d0088735_14551150.jpg

この日は雌阿寒岳と阿寒富士が頂上まではっきりくっきり見えました。
d0088735_14525415.jpg


前夜 アイヌコタンのお店で アイヌの伝統楽器ムックリの奏法を習い 音だしと簡単な奏法ができるようになった私は 朝の誰もいない オンネトーで  昔から変わらないこの風景に感謝し

無事に北海道の旅を終えられる事 様々な出会いに・・・

オンネトーの神様・阿寒の・・北海道の森の精に感謝をこめて  ビヨロン ビヨロン と 真につたない演奏ですが 真心こめて ムックリの演奏を捧げてきました。

そして しばらく 湖面を見つめて 森と湖面を渡ってくるそよ風に ふかれて・・・


さぁ、行こうか と立ち上がると フシギなことにそれまで 人っ子一人いなかった 湖畔に 次々に観光客の車がやってきて、バイクがとまりはじめました。
ものの5分もしないうちに 湖畔は観光客の談笑とカメラのシャッター音で賑やかに。

森の神?山の神様の粋なはからいだったんでしょうか・・?


ありがとうございました~。 と心で告げて 湖をあとにしました。 道東の旅、いろんな出会いがありました。
[PR]

by oosumihayato | 2010-09-11 14:57 | 北へ