西表島旅  島の暁より

屋上で星を見たら(お月見に近かったけど)

部屋に戻って 打ち寄せるさざなみの音と ヤモリの「ケケケ」を子守唄に網戸で寝ました。
朝、しらんでくる空に 自然と目が覚め。

時計を見るとまもなく、日の出の時間(6時半ころ)なので屋上に のぼってみました。
だんだん、夜が明け、東の空が白みはじめ

d0088735_22191130.jpg


その刻々と変わる 空と海の色に ただただ絶句。
d0088735_22271263.jpg


こんな素晴らしい色してたのね、と感動して鳥肌たちました。
d0088735_222043.jpg



そして ついに 石垣島の東端から お日様が顔を出しました。
d0088735_22202666.jpg


さすが 南国の太陽。あがってすぐに 光に強さが増し、 まぶしくなるほどに。

階下におりて、身支度して 朝ごはん食べて。
それぞれ、ピナイサーラの滝へのツアー、ダイビングツアー出かけてゆきました。
この日は、私はKさんに 午後から目の前の中野海岸からビーチエントリーでリーフエッジまでシュノーケルに連れ出してもらう約束してたので 少し体を休めておこうと、部屋で うだうだごろごろ。
d0088735_222515.jpg

(あけぼの館は とても居心地いいのです)

午前中の便で、先日一緒した お兄さんが帰るとのことだったので
残ってる方々と上原港(デンサーターミナル)までお見送りに。
この日は 常連さんで、トライアスロンが趣味のSさんがいたので 見送りダイブまで飛び出して爆笑でした
d0088735_22252513.jpg




お昼は 常連さんご夫妻の奥さんの方といっしょに波止場食堂まで
出かけてきました。 ここの焼きソバは美味です!でも おばぁの体調がよくないとできないらしいので、
ラッキーだったのかな。

宿で 宿を切り盛りしているヒロミさんと いろいろ他愛ないおしゃべり

そうやって うだうだしてたら Kさんがやってきて。海に出る事に。

腰に浮きをロープで通したものをくくりつけてエントリー。
最初は 藻が茂っていましたが 沖に進むにつれて いろんな魚達と出会えました。いっしょにエントリーした奥さんは、のんびりのんびり。

私も ゆ~~っくり進んだつもりだったんですが
奥さんいわく「フィンにモーターついてるんじゃないかと思った」くらいの 勢いと速さあったらしいです。
リーフエッジから急に深くなるのですが、奥さんはここで待ってるということで 私と引率者の(笑)Kさんと リーフエッジを堪能。

ウミガメがいつも休憩しているスポットまで連れてってもらって
ウミガメがのっそり(笑)泳ぐのを観察したり。

陸に上がって、シャワー浴びてさっぱりして まったりまどろんだり。

この日は御新規さんが入っていたので、屋上の星を眺めに行くのを誘ったり
朝日を眺める楽しさを教えてあげたり。

昨日はじめて来たばかりなのに、せっかく来たのだから楽しんでもらいたいと もてなしてあげようと自然にふるまう自分自身に少なからず驚いたり。

いや あけぼの館にはじめて泊まったときの ドキドキを覚えていて
常連さんに親切にしてもらった 心のホッコリを 分かち合いたいし
伝えてあげたいし、また一人でも多くの人があけぼの館の良さを味わってくれればとおもって。

そんな気持ちにさせてしまう あけぼの館はフシギな魅力の宿です。
d0088735_22242311.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2010-11-16 22:27 | 北へ