沖縄 慰霊と浄化の旅2

滞在した宿は ペンション美ら島
知り合いの方がここを定宿にされていることで、選んだのだが 某口コミサイトでも評価の高い宿らしい。
確かにお部屋の居心地もお食事も◎ 夕食も グルクンの空揚げ もずく酢 ゴーヤチャンプル など
沖縄の素材がふんだんに使われていて とっても美味しかった!

食事後のんびりお茶をのんでいたら オーナーが真空アンプなど オーディオいじりが趣味のかたで 
泊まり合わせたご夫婦がはじめての沖縄で三線体験してきたのでCD聞きたいということでかけたのが
森山良子の「さとうきび畑」などだった。
聞いていると お昼の祖父との再会を思い出し おもわず目が潤んでしまった。

食事後夜風に吹かれながら 外階段を3回の自室へとあがっていると
海向かいの水納島にある灯台から明かりが ポーッ ポーッと差し込んできて

おとなりはさとうきび畑。 空にはお月様
さわさわとさとうきびの波を渡ってくる風に吹かれて しばし物思いに。


翌朝は気持ちよく目がさめ 西表島からみた 鳩間島みたいな風景
d0088735_189854.jpg


10時前に美ら海水族館に到着

d0088735_1894756.jpg

実は 恥ずかしながら 水族館はうまれてはじめてなのでした。。
d0088735_1810964.jpg

イルカのショーをまるで小学生のようにワクワクして楽しんだ
d0088735_18105915.jpg

d0088735_18111490.jpg


一気に 南部 知念へ。
ニライカナイ橋をくだり 与那国馬の乗馬クラブへ
ビーチで1時間半ほど乗馬を楽しんだ。ひとりで馬を操作
与那国馬は人懐っこくて、頑張りやさんで とても頭のかしこい子だった
夏には馬ごと 海にはいってゆけるらしい。
もっと上手に乗りこなせるようになったら 暴れん坊将軍ごっこできそう
そして二日目の宿へ
ペンション ポランの広場に宿泊
ここは宿のオーナーが宮沢賢治が好きということで 宿内のあちこちに賢治にちなむポエムが飾られていた
部屋にはベランダがついていて夕暮れや朝日を楽しめるようになっている
もちろん ベッドに寝ながらにして 久高島沖から昇る朝日を眺められる 贅沢な所。
夕食後 特にすることもなく居間でのんびり雑誌を眺めていたら 
地元の常連さん親子(お嫁さんとおばあちゃん)が立ち寄り これからイルミネーションを見に行くとのこと、
このおばあちゃんが偶然にも鹿児島のすぐ隣の都城ということで 親近感を感じてくださって
一緒に行きましょう!とイルミネーション見に誘ってくれた

それも 先日いった平和祈念公園近くの観光農園で
「130万県民「平和の光」いとまんピースフルイルミネーション」というイベントとのこと

フシギな縁を感じながら、イルミネーションの向こうで 歓声をあげる 子供達と家族連れを眺めていた
[PR]

by oosumihayato | 2011-03-01 17:18 | 北へ