見えてきたもの。 人の心の美しさと汚さ。

今回の東北地方を襲った未曾有の大地震。

よく岩手を旅する私は 何度かいくうちに現地に住む友人もできました。
今回の地震で 宮古・釜石という今回の大津波で被災した土地にすむ 知人の安否がとても心配でしたが
奇跡的に無事を確認。
そのほかにも宮城の友人、岩手内陸の友人たちの無事も確認。

ただ、この未曾有の被害で、宮城・岩手は 普通に生活する物資も不足して 沿岸部に助けにいきたくとも
燃料はなく。食料もままならないということで 悶々とした日々を過ごしているそうです。

今すべき事は何か、今私にできることはなにか・・・
まずは、今までと同じ生活を淡々と粛々と送ること。
朝おきて、朝食をしっかりとり、仕事をこなし、夕食を家族と食べ、夜はぐっすり寝ること。

いざというとき、縁の下の力持ちとしてパワー発揮できるように。

でもこんな日常的ななんでもないコトが奇跡の連続。
生かされていることに感謝なんだな~と実感しています
自分の健康を自分で守ることが、まず第一の節約になると思います。
そしてささやかながらも経済をまわすことにも役立つし。 でも無駄使いはしない、不要不急なことはしない。

私の知人に 看護士をされている方が居て もし災害派遣を要請されたら、どうするか?と問われ
迷わず「行きます」と答えたとのこと。そのいきさつと心象吐露の書かれた ブログを読み、
その”誠”の心意気に頭がさがりました。

東日本の人たちを心身ともにバックアップしよう、と動く人たち。

かたや、テレビを見てて 買占めに走った、インタビューに答える首都圏の買出しのおばさん。
「何が必要てわけじゃないけど、陳列棚にあるものはとりあえず全て買いそろえておこうと思って。
なんか不安になっちゃって。あれもこれも買っておかなくちゃって思うんです。」

自分中心でエゴの塊。自分の心の不安を、買うことで払拭しようとしている・・・買い物依存症と変わらない。

買うという行動で満足して、心の動揺・不安を消そうとしている。震災をないものにしようとしている
そこには他人への思いなど及ぶはずもない

自分さえ買えれば他人なんか知ったこっちゃない

あなたの買い込みによって商品がまわらない手に入らなかった 良識のある消費者が迷惑してるんですよ・・
それに、、、たかだか3時間の決まった停電くらいでパニックになってどうするんですか
私の住んでるところは台風。大雨災害で1週間の断水・数日の停電もありました。
不便はあったけどパニックになるような事なんてことなかったし。

便利と迅速を追求するあまりの都会生活の結果が 一部の都会の人間の冷たさ・浅はかさを生んでいる。

それに買い込んでも、乾電池は使い切ればそれで終わり。
食材買い込んでも意図せぬ大規模停電がおきれば冷蔵庫はとまって 食材はいたむし、
オール電化じゃお湯もわかせない。
あなたが買い込んだことで、流通が停滞し、次に買出しにいっても商品はあなた方が買い占めたことで、
お店にはありません

結局自分のエゴがまわりまわって自分に降りかかってくることに気づいていない都市部の一部の自己中心的な人々。(主に主婦だけど。)

どれだけ食べたくても 食料が届かなくて大変な思いをしている被災者がいますか。
同じ日本人として恥ずべき醜い言動ですよ!

カゴいっぱいにあふれんばかりに食材・商品をぎゅうぎゅうにつめこんで
ズラズラとレジに並ぶ年配者や主婦の姿に悲しくなりました。
別に自分んちが被災していないのに。
電気も水道も何不自由ないのに。普通に買い物に出かけられる車とガソリンがあるのに。

諸外国から 日本人は規律正しいとマナーのよさを賞賛されたほどなのに。心無い一部の人間もいる。。

それは 流通の停滞で食べ物がスーパーに入らなくなるのではという心配や不安もわかるし、
自分の家族に食べさせるものがなくなるのではないかという気遣いはわかります。

でも それで 自分さえ、自分の家族さえ食べられればそれでよいのですか?
買いだめして溜め込んで、この先何事もなければ、流通が徐々に元に戻れば
その後賞味期限がいっせいにくる食材は捨てるのですか?
「もう古いし食べられないわ。どうせ何事もなかったし。今思えばこんなもの買って無駄買いしちゃったわ~」
なんて。 生ごみ収集の日になんのためらいもなく捨てるのでしょうか。

「欲張って買いだめする」
しかし、自分だけ助かろうと欲張った我欲の塊のような人は極限的状況で試されると思います。

今は 助け合う事、支えあうことが何よりも大事。
そして自分にできるベストなことは何かを考え 実践にうつすこと。
役割を果たす事、無私の心で尽くしてあげること。
その人なりの支え方は千差万別・十人十色でいい、
「〇〇まではできないけど △△なら私にもできる」そんなささやかな 他人を思いやる精神があれば 
それを実践するだけでも大きな力となります。

少しずつ、少しずつ、それが大きい。

実際、妹の友人に郡山に住む人がいて、仕事は自宅待機。食料を求めようにも店には商品はなく、探し回るガソリンもなく 途方に暮れています。

妹はその友人からの電話を受けて 話を聞いて慰めています。
今は 話を聞いてあげる事しかできないけれど、でも最大の私のできることだから・・と言って。
[PR]

by oosumihayato | 2011-03-20 00:19 | 南へ