韓国岳山行レポ

10月上旬の週末に山ガール友達らと霧島山系の韓国岳に登ってきました。

韓国岳は高校の遠足で登山して以来。。
オトナになって山登りに目覚めてから「登るぞ!」と思ってたらお隣の新燃岳噴火により入山規制にかかり。。

これは数年、もしかしたら10年は登れないんじゃないか・・・と諦めていたので登山ができるようになったと
聞いたときは嬉しかったですねえ。。。


9時に登山口に集合して大波池経由で登山開始。

大浪池といえど、りっぱな火山の火口湖です。
登山口から40分ほどで大浪池避難小屋に到着。大浪池は時折ガスがかかり霧の摩周湖のようでした
d0088735_22381385.jpg


うぅーん神秘的。。
d0088735_2239627.jpg


d0088735_22393267.jpg


大浪池湖畔の崖の木々はうっすらと色が抜け始めていました。紅葉したら綺麗だろうなあ
d0088735_22402053.jpg


足元に可憐に咲いていた青く美しい花。りんどう・・かな??
d0088735_22405643.jpg


大浪池から韓国岳への急登が私には半端なくキツかった。。木道というか、不揃いな高さの木の階段
自分のペースであがれないし、太ももとふくらはぎが悲鳴をあげたし。登山道がすれ違えないほど狭く
階段を登らざるをえなく、心が折れそうでした・・・

ハァハァ息をきらして 階段にうんざりするころ ようやく山頂到着。普段ジョギングしてる先発グループは
20分も早く着いたんだと。私たちが山頂についたときはご飯を食べ終えていました・・

d0088735_22435077.jpg


韓国岳は山頂は大きな火口になっており、一部が爆裂してます。なんてエネルギーなんだ・・・・
d0088735_22445847.jpg


登ってきた大浪池が眼下にみえます。。山頂は登山客で大賑わい。。。
d0088735_22454083.jpg


登って来る人、下る人、眺めてる人。みんな思い思いに。。
d0088735_22492843.jpg


山頂でお弁当をひろげお湯をわかしてアツアツのコーヒーを飲み・・・至福のひととき。。

下山してふりかえると山頂付近はこんなかんじ。ずいぶんくだってきたなあ。
d0088735_2247686.jpg


えびの高原側登山口近くの硫黄山が見えてきました
d0088735_22501047.jpg


ななめ右前方に見えるプリンの形の山は甑岳です
d0088735_2251215.jpg


楽しく山に登り、下山後は霧島のかけ流しの湯の花浮く温泉で疲れを癒しました。。またこよう。。





高校生の時、遠足でえびの高原登山口から 
韓国岳~獅子戸岳~新燃岳~中岳~高千穂川原へと縦走登山がありましたが

新燃岳に登ったのはこのときが最初で最後でした。。

火口壁の登山道を歩くのですが火口にたまった水がエメラルドグリーンに輝いて
神秘的な美しさだったのを覚えています。
今は去年の規模の大きい噴火で溶岩が上昇、火口はせりあがってきたマグマで溶岩湖になってしまいました

高千穂峰~新燃岳方向は終始ガスがかかっていて見晴らしはよくありませんでしたが
一瞬雲の切れ間から溶岩湖をたたえる新燃岳がみえました。。
d0088735_22594859.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2012-10-21 22:52 | 山歩き