趣味と実益と

気になることはシンクロしやすいのか
ここのところ、コミュニケーションツールについて気になり、いろいろ調べてたところだったのですが
何度か山登りをご一緒させていただいた方で、山岳遭難が発生したときにも捜索活動に参加されてる方が、
今回、第一級アマチュア無線技士に合格したそうです
趣味で真空管アンプ作っちゃう、バリバリ理系工作男子です。私みたいな文系人間からみたら、神です(笑)
今すでに活動している、山岳遭難救助活動や災害時運用に役立てられる様に研究していきたいんだとか。
まあ、震災時に携帯電話やメールが繋がらず、震災をきっかけに当時比較的に繋がりやすく連絡手段となったTwitterをはじめた方もいますけれど。
災害時といえば、わが町にも災害時運用をみこしたコミュニティFMがあり、
また中山間地域な我が家には 町の防災無線の受信機が設置されてあります。
町の防災訓練に参加したことありますが、自衛隊の災害支援関係車両の展示ブースや非常食炊き出しブースの他に、無線関係の訓練ブースもありました
災害運用といえば、先ほどの彼は
土木学会の「中山間地の孤立対策へのアマチュア無線の活用」という、論文を紹介してました。
趣味と実益をかねた彼の取組みに感心した一日でした。
どちらにしても、彼のお世話にならないようにしなくては(⌒-⌒; )



http://mnarumi.mo-blog.jp/nfp_archives/2014/01/post_4885.html
[PR]

by oosumihayato | 2014-01-09 08:07