カテゴリ:北へ( 149 )

変わるものと変わらないもの~遠野物語への旅

・・というわけで 過去 遠野を旅したときの フォト集です

遠野旅

今回は 遠野はじめての薩摩おごじょの ガイドと車の運転に集中し あんまし写真をとってないのです。。。

↓ 5年前の遠野旅のフォト このときはえんでわーるども堪能しました♪

d0088735_2115780.jpg


d0088735_213974.jpg


d0088735_2133180.jpg


d0088735_21439.jpg


そして2009年の遠野旅

d0088735_21133159.jpg


d0088735_211425100.jpg


d0088735_21172890.jpg


more
[PR]

by oosumihayato | 2011-11-10 21:18 | 北へ

遠野郷八幡宮 Ⅱ

d0088735_2021145.jpg


遠野を訪れた際には、必ずお参りに訪れている遠野郷八幡宮

今回は沿岸部のボランティア作業が主な目的でしたが、幸いボランティアセンターから近い距離でしたので

遠野入り初日にもお参りにきました。。。

d0088735_20263942.jpg


改めてじっくりと 境内を散策。懐かしいですねえ

d0088735_20273182.jpg


はじめて 遠野を旅したのがかれこれおよそ10年前の11月3日からの連休でした。。

そのときも最初に向かったのが遠野郷八幡宮でした。。 10年経つけど全然かわらないなぁ。。
それが遠野のよさでもあるんだよね。変わるものと変わらないもの。。不易流行。。。

参道の落ち葉を かき集めて作業をされてる方がいらっしゃいました、、ありがとうございます
おかげで気持ちよく参拝できます♪


d0088735_2030492.jpg


4日間無事にボランティア活動を終えられた感謝をお伝えしてきました。。

オトラ再会
[PR]

by oosumihayato | 2011-11-09 20:39 | 北へ

遠野的なもの

今回の遠野行きで 息をひそめていた?岩手熱が再燃。。
いや改めて遠野のよさに惹きこまれました。。

そんなわけで。


そして。





あー 遠野さ あべじゃ。
[PR]

by oosumihayato | 2011-11-03 20:43 | 北へ

八幡平トレッキング Ⅱ

・・ 途中、素晴らしい紅葉を目にしながら、峠のレストハウスにむかってアスピーテラインをあがってゆくと


あれれ?段々、霧がでてきます。。。

駐車場についたときは ガス充満 いやいや 霧がすごくて、先がみえません。


ガスワンダーランド、 略して ガスワンダー! こりゃ笑うしかないわ・・の状態。

気温は3度と表示しています。山の天気はかわりやすい。しかも標高は1600m近く。ちょっとした
山登りの山頂より高いくらい。

長袖の登山シャツの上にフリース、ゴアテックスのレインウェアを着て 八幡平山頂~八幡沼~源太森の
往復トレッキングに出発!

相変わらずガスワンダーで、視界はあまりよくありません。
メガネ沼も鏡池も 霧の摩周湖に近い状態 あはっ(^^;

お世話になったのは、八幡平自然散策ガイドのK藤さん。この八幡平のガイドさんは別名フラワーガイドと
呼ばれるほど、高山植物に精通しておられます。

少し、歩くたびに足元に実をつける可憐な高山植物と出会います。
ガイドさんなしであるいたら 青森トドマツの針葉樹に草原・・としか思わないでしょう。
ですが 実に多種多様な高山植物たち。

d0088735_18383117.jpg


ハイキング程度ののぼりで 八幡平山頂についてしまいました(笑)
d0088735_18424519.jpg


ここからは下ってゆくと、ガイドブックでも有名な八幡沼のほとりにでます。
d0088735_18452260.jpg


不思議なことにさっきまで 霧で真っ白だったのが 青空がでてきました いよっさすがハレオンナ!!!
d0088735_1846447.jpg


風はやや強いのですが そのおかげで、霧を吹き飛ばしてくれたようです。
d0088735_18464795.jpg


湿原の木道・尾瀬のようですね♪
初夏にはここに高山植物の花々が競うように咲き乱れるとのこと。 その頃にも来たいな!
d0088735_18515049.jpg


そして八幡平でも眺望ベスト3にはいるポイント 源太森頂上部へ到着!
d0088735_19324329.jpg


d0088735_19331042.jpg


八幡平のむこうに あおあおとした岩手山も見えました!
d0088735_193351100.jpg


空気が澄んでいて、なんともいえない高揚感と爽快感!!
d0088735_19353327.jpg


d0088735_19364012.jpg


さすが山のお天気 下っていてもう少しで山頂レストハウスてところで秋田側から霧がまたたちこめてきて
今度は強い横風を伴って雨まじりのガスワンダーに!観光客もあまりの風雨の強さにびっくりして
お店から出られなくなってました。。。。

とりあえず ずぶぬれにはなりませんでした なんて奇跡のタイミング。

一雨やりすごし、麓におりてくるころには また青空がのぞき、紅葉を楽しむことが出来ました!!!!!


キセキの晴れ女伝説 さらに更新です(笑)
d0088735_19521443.jpg


d0088735_19523370.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2011-11-03 19:52 | 北へ

八幡平ごほうび紅葉トレッキング Ⅰ

d0088735_204626100.jpg


ボランティア作業の翌日。

岩手を旅するようになってからずっと長年かなえたかった夢  紅葉まっさかりの紅葉狩り。

いつも岩手に行くときは9月あるいは11月で、紅葉が始まる前か紅葉が終わったあと・・・だったので
なかなか全山紅葉まっさかりという時期に行ったことがなく。

TVで見るたびに、(いつか岩手で紅葉のなかを散策してみたい・・・・)という夢がありました。

今年は夏があたたかかったせいか、紅葉が遅く?ちょうど岩手行きの前に。全国ニュースで
八幡平の紅葉が今週末にピークを迎えるとやっていて・・。

ちょうど、ボランティア作業を終えたころが紅葉まっさかりだ!ということで 八幡平の池めぐりトレッキングを
することにしました。

一緒にボランティア作業に参加した友人とともに、八幡平市観光協会に問い合わせて自然散策ガイドを紹介いただき。高山植物をガイドしてもらいながらのトレッキングに参加することになりました。

本来ナラバ、遠野駅で駅レンタカーを借りるつもりでしたが、岩手行き1ヶ月以上前に電話したところすでに予約でいっぱいで、花巻までおりることになりました・・・(^^;)

トレッキング当日。朝もやのなか、遠野駅へと歩く。釜石線に乗るなんて10年ぶりだ・・・。
いつもは花巻空港からレンタカーで一路遠野へ、、、というパターンなので懐かしくも新鮮な気分♪
6:50すぎの釜石発盛岡行きに乗り込む。
(コーフンしすぎて、駅の写真とるの忘れちゃったよ・・・)

花巻に下るにつれ、濃かった霧も次第に晴れてゆく。車窓より上空を見上げたら青空がのぞく 快晴だ!!

朝の車内、花巻市内の高校に通学する学生さんたちが次々と乗り込んでくる。
私も眠い目をこすりながら、フェリー(笑)に揺られて通学してたっけ・・・・。

花巻につく8時前には かなりイイカンジのお天気になってきました。

レンタカーを借りて。
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-30 21:00 | 北へ

黄金の国イワテ ボランティア旅

さて・・・予告してました通り岩手班再開です!

10月の連休に岩手でボランティア作業をしてきました。

個人ボランティアの大型受け入れセンターでもあり、また沿岸被災地後方支援基地でもある遠野市の
ボランティアセンター、遠野まごころネットに登録して活動しました。


遠野まごころネット

大槌町での仮設住宅めぐり
大船渡越喜来地区での復興イベント
大槌での花壇の整地草取り作業

今回の岩手行きの前に、テレビで何故かやたら「大槌」の文字を目にしててなんとなくひっかかってましたが
大船渡についで大槌町もボランティアの縁がつながる土地になろうとは。。

今回は遠野駅近くの宿をとり、毎朝宿からボランティアセンターのある白岩地区まで自転車で15分ほど
朝もや・霧の中を漕いで出勤?していました。

ボランティア活動中の写真はありません。センターより被災地での写真撮影は現地の住民感情を考慮して
原則禁止!との通知でしたので
確かに作業中、車でやってきた人が草野原となったかつての町をパシャパシャデジカメで撮影しているのを見ましたがなんだか違和感がありました

ボランティアはかわいそうだからやってあげる、というものではなく現地の方々の復興へのお手伝いをさせて
いただき、復興へわが身を役立ててもらおう、という”よりそう”スタンスですから

大槌町内を作業現場にむかって車で移動していたところ、

かつて住居のあった基礎部分、土台や玄関があったろうと思われる場所に綺麗なお花が花瓶にいれられ
供えられてあり、

・・・ここが以前は中心市街地で人々の行きかう住宅街であったこと、
あの日大津波がやってきて、一瞬のうちに瓦礫と化してしまったこと。

ここで津波に飲まれて大勢の人が亡くなり、引き波とともに海にさらわれて行方不明になっている現実・・・

そんな現実を目の当たりにしました。


大きな瓦礫類は処分されて、整地されており、草野原とかろうじて残った鉄筋コンクリートの建物数棟が
引き裂かれた建具や割れた窓ガラス、カーテンがひらひらはためくだけになっており

車や風で土ぼこりがときおり舞い上がっていました。

悔しさと切なさとむなしさと無念の思い、自然の脅威を感じ ただただ泪をこぼさずにはいられませんでした

岩手の絆☆★☆
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-29 22:13 | 北へ

次回のUPは 岩手旅です☆


d0088735_22282599.jpg


ドトールのいや、怒涛の勢いで4記事UP!!
そんなわけで 時間旅行?がようやく追いついてきました(笑)
夏の沖縄旅の前でとまっちゃってましたから。。。

この10月 岩手へ沿岸被災地ボランティア+息抜きの平泉・八幡平旅 をしてきました。
d0088735_223455.jpg


約1年半ぶりに 遠野のだいすきな仲間たちと再会できたり

ボランティア作業を通じて、全国各地から集っている心の通い合う仲間・友人との新たな絆ができたり

夢か幻かの不思議な体験をしたり。

イロイロありました。。。


ぼちぼちつづってゆきますね。


追伸(笑)
 
久しぶりに再会した遠野ぶれんどの方々に「ブログが長く止まっているから、仕事が忙しいのかな~とか」
寂しく思ってたと言われました。
d0088735_22373493.jpg

すいもはーん!!
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-18 22:29 | 北へ

オトナの夏休み

西表島の中野海岸より。 海向こうに鳩間島を眺める。 あの島まで漕いできました。(笑)
d0088735_2132880.jpg


東側を眺めると  石垣島がぼんやりと浮かんでみえます。
d0088735_21325118.jpg


翌日には西表島の友人と一緒に 藍染め工房へ見学にいったりしました
d0088735_21333858.jpg

気持ちの良い風が吹きぬけていました。
d0088735_21341165.jpg


壁のインテリアも生活感あふれていて素敵。。
d0088735_21345220.jpg


翌日は大見謝川で午前中、キャニオニングして 午後の船で島をあとにしました。
キャニオニング:渓流を泳いだり浮いたり 時には淵に飛び込んだりして川くだりをする遊び

西表島の上原港 通称 デンサーターミナル(民謡のデンサー節から)
d0088735_21361869.jpg

安栄観光の貨物船ぱいじま
d0088735_2138136.jpg

一度乗り込んで、荷物をおき写真をとりに桟橋にでてたら ドアを閉められそうになりました。おっとお!
d0088735_213847100.jpg


d0088735_21395273.jpg


船はゆくゆく、石垣島へ
d0088735_21402750.jpg


石垣島到着後、連絡バスで空港へ。
d0088735_21412454.jpg


ちなみに石垣空港、1500mの滑走路しかないため、着陸後は最大限の逆噴射でブレーキをかけ
(荷物が前に流れ、体は前のめり)離陸は フルで走り出して飛んでゆくので
離着陸のG体感はクセになります(笑)
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-18 21:45 | 北へ

西表島上原港~鳩間島へ。 シーカヤック横断往復ツアー

翌日も びっくりするくらいのベタベタ凪の海。
外海だというのに湖ですか、ここは・・・というほどのベタ凪。
(錦江湾の方が波たつよ?!)
この日は、シーカヤックツアーガイドさんと 西表島~バラス島経由~鳩間島 横断往復ツアーを敢行

まずは潮の流れと、天候、干満の時間をチェック。改めて沈したときの対処法を確認。
上原港の隅っこから、鳩間島へと向けてシーカヤックを漕ぎ出しました。
シーカヤック初心者のお姉さんとガイドさんお二人。私はシングル艇でちょぷちゃぷ漕ぎ出します。
凪のため、海底が透けて見えます。底のサンゴと泳いでいる魚たちまで。
水深10数メートルの海底まで透けて見えるので、距離感がなくなって 空と海の間のあいまいな空間に浮いて漂っているような錯覚さえ感じました。(怖いくらい透き通って海底が見えるんですヨ!)

バラス等は乗り付けたボートと観光客で 海水浴場のような賑わい。
私達はバラス島周辺で シーカヤックからシュノーケルセットを身に着けて直接海にドボン!
クールダウンしたあと、また海からカヤックへよじのぼり。鳩間島へ漕いでゆきます。
d0088735_2165272.jpg


正味2時間ほどだったかな、鳩間島に着岸・上陸できました いぇい。
d0088735_218860.jpg


早速、鳩間島探検。鳩間島音楽祭のメイン会場になる広場。グラウンドゴルフ場くらいのスペースです。
d0088735_21929100.jpg


BEGINの「恋の島 鳩間島」や民謡 鳩間節でもうたわれる、 鳩間中森。
d0088735_21105966.jpg


d0088735_21112085.jpg


d0088735_21114671.jpg


灯台のある隣に昔の物見台のあとが、上って周囲をみわたすと 絶景かな。
d0088735_21143896.jpg


鳩間中森 はいぬぶり・・
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-18 21:23 | 北へ

オトナの夏休み ~西表島ふたたび。

夏休み・・・を今頃 upしてる時点でどうなのか・・・なんですが(滝汗)

とりあえず、こちらをupしないと 岩手にたどりつけない。。。。

てことで、さくっと載せちゃいます  沖縄旅 ww

8月のお盆すぎに 沖縄県八重山諸島にある西表島に 泳いだり、飛んだり、浮かんだりしに行ってきました。

最近、山歩きや海遊びを覚えて遊んでるうちに 野生児化しているとゆーか

感覚が鋭くなってきているように思います。(鈍っていた勘が戻ったんでしょう)

それはさておき。
d0088735_20302677.jpg


この時期は すばらしいお天気でした。もちろん紫外線と陽射しの強烈さもハンパじゃないですが

鹿児島からは沖縄本島(那覇空港)乗り継ぎで石垣島に飛び、そこからバスで離島桟橋までゆき 高速船に
40分少々揺られて西表島です。

岩手に行くにしても西表島も、飛行機乗り継ぎなんで、移動には慣れてきました(苦笑)

西表島にお昼前に渡り、そのまま浦内川遊覧へと出かけました。
d0088735_20342232.jpg

これまでに2回、西表島には来てますが、観光客が行くスポットに行ってなかったので、とりあえず
行ってみようかと。(海に浮いてばかりいるので・・・1日中海とか。。。)
d0088735_20354498.jpg

やはり 陽射しが強いです、空の青さとジャングルの濃い緑が はっきりくっきり☆
d0088735_20363854.jpg

遊覧船は30分ほど川をさかのぼると 軍艦岩に到着します。そこから マリュドウ・カンピレーの滝までは
小一時間のジャングルの中をトレッキングです。

d0088735_20384295.jpg

森の小道を てくてく道なりに歩いてゆきます。
でも、そこは8月の沖縄の亜熱帯の森の中。水分は2リットル持参しました。
d0088735_20395981.jpg


道を時折、尻尾の青いトカゲがちょろちょろ横切ります。(ハブでませんように・・・)
ちなみに島に住むお兄さんに聞いたのですが ハブは夜行性なので日中は岩の合間の暗く湿ったところなどに潜んでいるのですって。
なので、よほど道はずして草むらを歩いたり、岩の間に手をつっこんだりしない限りはハブに噛まれる心配はないようです。(島ゾウリでトレッキングしてる観光客も見かけました・・・・。虫にくわれるよ?!)

マリュドウ・カンピレーの滝へ
[PR]

by oosumihayato | 2011-10-18 20:51 | 北へ