西表島つづき

西表島のつづき

石垣島の沖から昇る朝日。夏至直後の真夏ですが日の出は6時頃。

日本でも南西のはしっこ。旅すると日の出・日の入りの時間で距離を感じますねぇ

d0088735_22123387.jpg


西表島 中野海岸からみる朝日

d0088735_22153888.jpg


この日は、一日シーカヤック&シュノーケルでした。。

気づかなかったのですが1時間半近く 海中散歩をしてたらしいです

マングローブの林をぬけたさきに 滝が直接流れ落ちるポイントがあって
カヤックからおり、水面に浮いて漂いながら青空をながめ、流れる雲、風にそよぐ梢、舞い飛ぶ蝶々を
眺めた時間は忘れられない経験となりました


翌日はしまを発つ日。

友人らが9時代の高速船に乗るので桟橋まで見送り、日中は宿でうだうだ過ごし、12時すぎの高速線に乗ろうと桟橋にむかってたら 友人から「鹿児島空港に着いたよ」とのメールが。

朝、彼らを見送ったのに、自分が高速線に乗り込もうとしたら、もうすでに鹿児島についている
なんかへんな感覚でした。。

d0088735_222221100.jpg



ばいばい西表島~!また遊びにくるね!!
生命あふれる島で癒され元気をもらえました。ありがとうございました!!
d0088735_2225053.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2012-08-26 22:11 | 南へ

八重山旅 

波照間島から西表島に渡り、マングローブ林から星空を眺めた翌朝は
早起きして早朝サガリバナカヌーへ

サガリバナは夜に咲き、夜明けとともにちってしまう花。
散った花が、マングローブの中を流れる川面におちて静かに静かに流れてゆく

そんな風情を楽しみに。
d0088735_21575119.jpg


d0088735_2159472.jpg


d0088735_2221428.jpg


なんだか ケセランパサランみたいwww
d0088735_2243088.jpg


マングローブ林でむかえる朝日。。西表島といえど日が登るまでは涼しかった。。

雲が波のない川面にうつりこんでいます
d0088735_2263773.jpg


空と大地と森と一体になった神秘的な体験でした、、、
[PR]

by oosumihayato | 2012-08-21 21:52 | 南へ

7月8日 波照間島

d0088735_20504230.jpg


d0088735_20511028.jpg


d0088735_20532953.jpg


波照間島から 次の目的地 西表島へ。波照間島→石垣島の便で西表島に

d0088735_20541677.jpg


すんごい水しぶき!最高ノットが40ノットらしいので 時速80キロ近くでております・・・
d0088735_20572783.jpg


向かい側の高速線も水柱をたてて疾走しております
d0088735_20582875.jpg


西表島には13時頃に到着。湊で宿のご主人が迎えにきてくれることになってたのですが姿が見えず

真夏の南風で追い波となり、時間より早くついたそうです

あんまり暑いので日中は部屋で退避・・・

夜は ナイトハイクのツアーに参加して マングローブの林の中から川面にうつりこむ星空と 星あかりであかるい夜空を体感しました
[PR]

by oosumihayato | 2012-08-20 21:11 | 南へ

うちな~ やいま旅

長らく更新停滞しておりましたブログ 思いついたように復活(笑)

先月は 八重山諸島にいってきました。

日本有人島最南端 波照間島 その最南端の岬の突端まで。

その際のフォトをボチボチ余裕のあるときにアップしやす

波照間島で迎えた夕暮れ。さとうきび畑の向こうにみえる山並みはイリオモテヤマネコで有名な西表島

d0088735_1482295.jpg


なんで、石垣島からの旅の途中のフォトがないかって?日差しが強すぎて汗だくで写真とる余裕なかったの

夕暮れになって ようやく外に出てこられたという。。。おそるべし八重山のキョーレツな紫外線&日差し

d0088735_14105337.jpg

コート盛にのぼって見渡すと夕暮れの風にうたうサトウキビ畑。
d0088735_1410364.jpg

これでも19時半の光景です
d0088735_14112493.jpg

不思議な色の夕焼け
d0088735_1411413.jpg


この日は7月7日 七夕の日でした。今年の七夕は最南端の波照間島で水平線からの360度大パノラマ
満天の星降る夜を堪能しました♪♪(*´▽`*)
[PR]

by oosumihayato | 2012-08-04 14:16 | 南へ

屋久島 山から海へ

GW前半を使って、鹿児島県本土から目と鼻の先の 屋久島にいてきました。
ちかすぎるとなかなかいかないのが人の常でして。。。

今回は人生2回目の屋久島旅で 奥岳のひとつ 黒味岳(1800ちょっと)に登ってきました
屋久島は「1月に35日雨が降る」と言われるほど 雨と霧にあたる確率が高い島なのですが

なんと 登山当日は 雲ひとつ無い快晴となりました  屋久島の山の神様に歓迎してもらえました(*´∀`*)

 ↓ 水鏡の 淀川(よどごう) すきとほった水が静かに静かに流れています
d0088735_1702098.jpg


淀川のほとり コケがもふもふ
d0088735_1711327.jpg


黒味岳登山途中に高盤岳山頂のトーフ岩が見えます
d0088735_174082.jpg


高層湿原の小花之江河(こはなのえごう) 日本庭園のような美しさです
d0088735_1742715.jpg


小花之江河をしばらくゆくと 花之江河に到着 ここでお昼を食べました。
目指す黒味岳が目前に見えています。あの頂上まで登るんだあ
d0088735_1715129.jpg


頂上近くの大岩。屋久島が花崗岩が盛り上がってできた島なんだと実感できます
d0088735_171043100.jpg


そして黒味岳山頂  大岩ごろごろ
d0088735_1711343.jpg


この日は雲ひとつ無い快晴で 奥岳の 永田岳・ 九州最高峰 宮之浦岳ものぞめました
d0088735_17154634.jpg


下山はもときた道をひきかえします
d0088735_17115281.jpg


すばらしい森林浴となりました
d0088735_17121165.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2012-05-20 17:28 | 南へ

八重山手帳2012

注文して楽しみにしていた 石垣島にある南山舎の 八重山手帳2012(アンガマ版)が届きました

この手帖 いわゆる県民手帳の八重山版とたとえたらいいのでしょうか。

潮位票、月間スケジュールに島々の簡易地図、宿泊施設を含む主要な施設の電話番号
各離島航路の高速船の時刻表(ご丁寧にQRコード付き)も。

旧暦の伝統行事暦、農事暦に 漁業暦

見開きの1週間分には日毎に日の出・日の入り・潮位、その日に何があったかの一口メモ

日常感たっぷりの 暮らしの手帖です♪

旅人にもとっても役立つし、いつも八重山を感じられるスグレモノ★
d0088735_15125578.jpg


同じ日に、遠野からも「TONO WALKER」が届きました。。 ウフヘヘヘ(壊)
テンションア~ップです
[PR]

by oosumihayato | 2012-01-09 15:13 | 南へ

見えてきたもの。 人の心の美しさと汚さ。

今回の東北地方を襲った未曾有の大地震。

よく岩手を旅する私は 何度かいくうちに現地に住む友人もできました。
今回の地震で 宮古・釜石という今回の大津波で被災した土地にすむ 知人の安否がとても心配でしたが
奇跡的に無事を確認。
そのほかにも宮城の友人、岩手内陸の友人たちの無事も確認。

ただ、この未曾有の被害で、宮城・岩手は 普通に生活する物資も不足して 沿岸部に助けにいきたくとも
燃料はなく。食料もままならないということで 悶々とした日々を過ごしているそうです。

今すべき事は何か、今私にできることはなにか・・・
まずは、今までと同じ生活を淡々と粛々と送ること。
朝おきて、朝食をしっかりとり、仕事をこなし、夕食を家族と食べ、夜はぐっすり寝ること。

いざというとき、縁の下の力持ちとしてパワー発揮できるように。

でもこんな日常的ななんでもないコトが奇跡の連続。
生かされていることに感謝なんだな~と実感しています
自分の健康を自分で守ることが、まず第一の節約になると思います。
そしてささやかながらも経済をまわすことにも役立つし。 でも無駄使いはしない、不要不急なことはしない。

私の知人に 看護士をされている方が居て もし災害派遣を要請されたら、どうするか?と問われ
迷わず「行きます」と答えたとのこと。そのいきさつと心象吐露の書かれた ブログを読み、
その”誠”の心意気に頭がさがりました。

東日本の人たちを心身ともにバックアップしよう、と動く人たち。

かたや、テレビを見てて 買占めに走った、インタビューに答える首都圏の買出しのおばさん。
「何が必要てわけじゃないけど、陳列棚にあるものはとりあえず全て買いそろえておこうと思って。
なんか不安になっちゃって。あれもこれも買っておかなくちゃって思うんです。」

自分中心でエゴの塊。自分の心の不安を、買うことで払拭しようとしている・・・買い物依存症と変わらない。

買うという行動で満足して、心の動揺・不安を消そうとしている。震災をないものにしようとしている
そこには他人への思いなど及ぶはずもない

自分さえ買えれば他人なんか知ったこっちゃない

あなたの買い込みによって商品がまわらない手に入らなかった 良識のある消費者が迷惑してるんですよ・・
それに、、、たかだか3時間の決まった停電くらいでパニックになってどうするんですか
私の住んでるところは台風。大雨災害で1週間の断水・数日の停電もありました。
不便はあったけどパニックになるような事なんてことなかったし。

便利と迅速を追求するあまりの都会生活の結果が 一部の都会の人間の冷たさ・浅はかさを生んでいる。

それに買い込んでも、乾電池は使い切ればそれで終わり。
食材買い込んでも意図せぬ大規模停電がおきれば冷蔵庫はとまって 食材はいたむし、
オール電化じゃお湯もわかせない。
あなたが買い込んだことで、流通が停滞し、次に買出しにいっても商品はあなた方が買い占めたことで、
お店にはありません

結局自分のエゴがまわりまわって自分に降りかかってくることに気づいていない都市部の一部の自己中心的な人々。(主に主婦だけど。)

どれだけ食べたくても 食料が届かなくて大変な思いをしている被災者がいますか。
同じ日本人として恥ずべき醜い言動ですよ!

カゴいっぱいにあふれんばかりに食材・商品をぎゅうぎゅうにつめこんで
ズラズラとレジに並ぶ年配者や主婦の姿に悲しくなりました。
別に自分んちが被災していないのに。
電気も水道も何不自由ないのに。普通に買い物に出かけられる車とガソリンがあるのに。

諸外国から 日本人は規律正しいとマナーのよさを賞賛されたほどなのに。心無い一部の人間もいる。。

それは 流通の停滞で食べ物がスーパーに入らなくなるのではという心配や不安もわかるし、
自分の家族に食べさせるものがなくなるのではないかという気遣いはわかります。

でも それで 自分さえ、自分の家族さえ食べられればそれでよいのですか?
買いだめして溜め込んで、この先何事もなければ、流通が徐々に元に戻れば
その後賞味期限がいっせいにくる食材は捨てるのですか?
「もう古いし食べられないわ。どうせ何事もなかったし。今思えばこんなもの買って無駄買いしちゃったわ~」
なんて。 生ごみ収集の日になんのためらいもなく捨てるのでしょうか。

「欲張って買いだめする」
しかし、自分だけ助かろうと欲張った我欲の塊のような人は極限的状況で試されると思います。

今は 助け合う事、支えあうことが何よりも大事。
そして自分にできるベストなことは何かを考え 実践にうつすこと。
役割を果たす事、無私の心で尽くしてあげること。
その人なりの支え方は千差万別・十人十色でいい、
「〇〇まではできないけど △△なら私にもできる」そんなささやかな 他人を思いやる精神があれば 
それを実践するだけでも大きな力となります。

少しずつ、少しずつ、それが大きい。

実際、妹の友人に郡山に住む人がいて、仕事は自宅待機。食料を求めようにも店には商品はなく、探し回るガソリンもなく 途方に暮れています。

妹はその友人からの電話を受けて 話を聞いて慰めています。
今は 話を聞いてあげる事しかできないけれど、でも最大の私のできることだから・・と言って。
[PR]

by oosumihayato | 2011-03-20 00:19 | 南へ

明日に向かって。

未曾有の大震災で今も行方、安否不明の方もおり、胸が痛みますが
受けとめがたい事実ではありますが、事実は事実として受けとめて、
今は自分が出来ることを、役割をはたしていくことがベストだと思います。
それぞれの立場で。ベストを尽くして。
助け合う気持ちを持って、自分が出来る事をこなしてゆく。
九州に住む身としては、まず、自分たちが今までの生活を続けてゆくこと。
東北に住む友人に言われました
「西日本に住む人々が今までと変わりなく生活し、経済基盤を支えてくれることで 復興も早くなり力づく」

人、物、お金が動かな(回らなければ)流通も停滞してしまう
飲めや歌えやの宴会をしてよい事とは違いますが

西日本の人々の明るさ 元気と優しさが東日本の方々の救い、癒しに繋がると思うのです。
私の住む地域も何度も大雨、台風災害に見舞われ大きな被害を出しながらも前を向いて暮らしてきました。時には十日くらい断水したり、未曾有の記録的な豪雨に避難所で炊き出ししたり 亡くなった人を悔やみ、これからの不安にかられたり、今避難所で暮らす方々の気持ちも理解できます
だからこそ。

今こそ 日本人に必要なのは 結いの心意気なんだと思う。

八重山の小さな島で感じた 助け合いの心
他人にたいしても、はじめてきた旅人にも わけへだてなく 人懐っこい  しまんちゅのあたたかさ。

それは、沖縄・八重山の人々が 過去歴史上。自然災害・戦争災害を 強い心で耐え、乗り越えてきた 

悲しみをこえた優しさ、あたたかさなんだと思う

今こそ、ひろがれ ゆいま~る。

ユイユイユイ ユイユイユイ ゆいま~る

ちばりよ ちばらな ゆいま~る
[PR]

by oosumihayato | 2011-03-19 23:55 | 南へ

莫妄想。ゼロ=無限大  必然の偶然と

私の友人に 思い立って「そうだ 〇〇行ってみよう」とぱっと旅にでる 行動力と自由人な子がいます。

そして、 私は 関口知宏さんの 一連の鉄道旅番組の大ファンです
(もちろん 関口さんの人間性もとても尊敬しています)

先日、久しぶりに DVDをみました。 関口さんが日本列島を縦断した「列島縦断鉄道12000km 最長片道切符の旅」と「列島乗りつくしの旅JR20000km走破 秋編」の北海道verと。

なんだか 心がとても清々しい澄んだ気持ちに満たされ、ハートチャクラが開いたように感じました。

関口さんが あるがまま そのままに受け止め 出会いと別れを(一期一会)繰り返す旅をみていて
心がほっこりしました。 自然体・・・という言葉では表せない、ありのまま あるがまま。そのまま。

最近「音楽でめぐる鉄道の旅」というエッセー(CDムック)も購入しましたが、旅にいたるまでのいろんな経緯も知り、一度大室山の風に吹かれてみたいな・・と思ってます。

関口さんの旅と人コト問わず出会いへの受け止め方に いろいろ学ぶこと思う事あり
それから旅にたいする姿勢?も変化しました。


そして、最近お世話になってる美容師さんから「河童のクゥと夏休み」というアニメ映画DVDを借りました。

最初は「となりのトトロ」的な牧歌的メルヘンなのかなー?
それとも三浦哲郎さんの「ユタとふしぎな仲間たち」みたく都会の少年が岩手にやってきて河童や地元の人とのふれあいで自分を見つめ、再確認してゆく。。というような作品なのかな~と思ってましたが

裏切られました。思い込みっていかんですね。



いい方向に。 タイトルから感じるようなメルヘンではなかったです。
衝撃的なシーンもありましたし、いじめ・虐待・監督の社会的風刺も織り交ぜられた 大人も考えさせられる作品です 
私にとってはカタルシスになりました。気づけば 頬を涙がつたい こらえきれず号泣しました

アニメでいい年して泣く~?なんて思った方は是非、一度ご覧ください。
私も昨年 遠野を旅したときにこの作品のポスターみて「ふーん 子供向けアニメの舞台になったんかな」
くらいの認識でおりました。 今思えば その思い込みが恥ずかしい。

ネタバレになりますが、最後のシーンで 河童のクゥがたどりついたのは
沖縄のキジムナーの住む ヤンバルの赤がわらの屋根の家で、裏には大樹と清らかな水の流れる川でした。


今度の 八重山旅に導かれた過程「を暗示しているような、象徴しているような 
そして 伏線的に旅の心構えをとかれたような・・・・
必然の偶然でした。


昨年 伊勢神宮をお参りしたあとに、 ふとしたところで 出会った方に
「奇跡・・はない。たまたまそうなった、のではない それは必然の偶然」といわれ、
なるほどと合点がいくことが多々ありました。

そのタイミングで現れる?それが実現してしまう?
イロイロ自分がやろうとしていたことが、目の前にすごいタイミングで現実となって現れたことでした
それは自分が自分の心の声をきちんと耳をすませ、心のままに行動したときのみに現れるタイミング。


畏敬(崇敬とは ちょっと違う) そして謙虚な心と 人を信頼するきもち。

八重山旅が 私の中でどういった 化学変化を起こすのか、どのような心の位置を占めるものになるのか
楽しみです。

当初はあれこれと しょーもない些細なことから 心配したり 不安になってたのですが
モーマンタイ。
「莫妄想」 なんだかんだと思い悩まず事に当たれ。 で
とりあえず 普段の弱気な(エーて心の声があちこちから聞こえたような・・・)自分とはちがう
もうひとりの自分に出会ってこようと思います。
[PR]

by oosumihayato | 2010-04-13 21:44 | 南へ

検索ワード

どんな検索でヒットしたか みてみたのですが

つい最近まで 検索ワード1位が「ゴッタン」でした。

確かに、ゴッタンは珍しいけど・・(三味線のような三線のような。 まぁ三弦であるのですが・・)

博多の博物館での 平泉展での記事で ゴッタンにふれたので、それでかな~。

最近は
「桜島・黒神・撮影場所」「桜島 撮影スポット」が ヒットワード1位です。
よく 桜島沖だの黒神でのシーカヤックだの書いているので。
(桜島沖は 地元だから庭のようなものよ???!)


しかし おもしろいワードでアクセスがあるもんなんですねえ。
「鹿児島 里山暮らし」もあるのですが

「花巻 パワースポット ダム湖」という方もいらっしゃいました。

田瀬湖のこと??(笑) 確かに パワースポットかもしれないですけど・・・???(謎)
[PR]

by oosumihayato | 2010-04-13 21:16 | 南へ