那智の滝~ 飛龍神社

那智大社に詣でたあとは、いよいよ那智の滝の近くまで。
那智の滝へ下りていきます。一度車道にでたあと、滝への石段を下りていきます
那智の滝・・と言われますが、飛瀧神社の御神体でもあります。
d0088735_2148422.jpg


d0088735_2151433.jpg



入口より昔のままの石畳み道が続いています 雰囲気があって、気もひきしまります。
d0088735_21525841.jpg


滝の上には注連縄が張られています。
d0088735_21543291.jpg


水柱は直下133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの日本一の名瀑で、銚子口の岩盤に三つの切れ目があって、三筋になって落下し 始めるところから、「三筋の滝」ともよばれています。
滝からすぐ近くに どっしりとはえていました。 その威厳と存在感に圧倒されましたよ!!
d0088735_21555669.jpg


遥拝所に行くには300円払います。水しぶきがかかってくるそばまでいけますよ。
風の吹く向きで細かい滝の水しぶきが全身に・・・大門阪から歩き通しだったので
すごい爽快感でした。心身ともに清められたといいますか 垢抜けた というかんじでした
d0088735_2158975.jpg


私のなかで なにかフッと軽くなりました。「なるようになるさ。そのまま毎日を楽しく充実して
生きていけば それが幸せ」って・・。


しかしそれにしても フシギタッチな 森の写真ですね~ 霊気?御神気??
やはりパワースポットとよばれるだけあるのかもしれませんね。
[PR]

by oosumihayato | 2007-10-28 22:00 | 北へ

そして那智大社へ。

d0088735_2115207.jpg


那智大社にむかって 熊野古道をちょこっと歩いてみました。
苔むした石畳の道にうっそうとした杉木立・・
d0088735_21162737.jpg


熊野古道は、熊野三山(本宮・那智・新宮)にお参りするための道。中世、日本最大の霊場であった熊野へと続く信仰の道。
人々の思いはただひとつ「幸せを願う心」 途中には峠越えの難所もあります。ここを1000年の昔から人々が歩き祈ってきたのか・・と思うと感慨深いものがあります
d0088735_2120191.jpg


那智大社の鳥居。そして祭られている御祭神です
d0088735_21205386.jpg


d0088735_2123526.jpg


本殿にて。ちょうど巫女さんが舞いながら?祈りを捧げているところでした。。。
d0088735_21235989.jpg


御神木・・・ 大楠です。 幹は洞になっていて胎内めぐりができます。
d0088735_2124472.jpg


それにしても見事な樹・・・・・ 御神気にうっとりです
d0088735_21253775.jpg


青岸渡寺と那智の滝。 見事ですね・・・
d0088735_21262239.jpg


御霊水がいただけるとのことだったので のんでみました。たちどころにすきとおるような
爽快感が全身から・・・文字通り 垢抜けた かんじでした。

しかし、前回の画像にしても、樹木を撮った写真てフシギなタッチに写ってますね
なんでだろ~ ぶれてるのとは違うし・・・フシギです
[PR]

by oosumihayato | 2007-10-26 21:33 | 北へ

南紀のたび2日目~熊野速玉大社

レンタカーを借りて5分も走るか走らないかという距離に
熊野速玉大社がありました。
d0088735_21452769.jpg


d0088735_13184848.jpg


まず目をひいたのが ナギの大樹・・・・・・ 圧倒されました。
d0088735_13205363.jpg


御神木にふさわしい 堂々たる威厳です。大きすぎてフレームに収まりきれません。。。
ナギは熊野権現の御神木で、その葉は、笠などにかざすことで魔除けとなり、帰りの道中を守護してくれるものと信じられていました。
d0088735_13224874.jpg


推定樹齢1000年。平安時代に生まれて
私の生まれるずっとずっと昔から ここにずーっと立っているのかと思うと・・
そしていろんな人がいろんな思いでこの木を眺めていたのかと思うと・・・胸がつまります
d0088735_1326497.jpg


丹塗りの門が鮮やかに・・全体的に ほわっとした御神気ただようお社です。
d0088735_13275676.jpg


d0088735_13362947.jpg


d0088735_13365958.jpg



第一本社と第二本社が並んでおり、第一本社は「結宮(むすびのみや)」といい、熊野結大神(くまのむすびのおおかみ。那智の主神)を祀っています。
第二本社は「速玉宮(はやたまぐう)」といい、熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)を祀っています。
d0088735_2146194.jpg

新宮では熊野速玉大神・熊野結大神の2柱が主神であり、熊野十二所権現と神倉山の祭神の13社が祀られています
d0088735_13401298.jpg


[PR]

by oosumihayato | 2007-10-21 13:42 | 北へ

南紀のたび2日目~熊野へ・・特急南紀にて

早めにホテルをチェックアウトして
特急南紀1号 9時15分発にて新宮駅に向かう
しかし・・・・特急で2時間て・・・思ったよりも遠いですな・・・・・
町並みを抜けて、線路は山間の里を走ってゆきます。
途中には茶畑あり、柿畑?あり みかん畑ありののどかな風景。
さすが熊野は山が連なっています。
ワタシの好きな岩手も北上山地は山の連なりですが
雰囲気がなんといいいますか、岩手の・・は円くてやわらかくてホッコリしたかんじですが
熊野はさすが、修験道のお山だけあって、ごつごつとした岩に杉山という
雄々しい雰囲気です。
また、鉄橋を渡るときに気づいたのが 流れる川がとても澄んでいて水のきれいなこと。
新宮・勝浦方面に近づくにつれて、太平洋が見えてくると海が近いせいか
空も明るく、陽射しも明るくかんじました。
よく、鹿児島にくる県外のかたが 鹿児島の色彩明度の高さ、陽射しの強さを言われますが
なんとなくわかったような気がします。
きっと 熊野の岩山・すがすがしい流れの熊野の川・滝に畏敬の念をかんじて
奉ったところから熊野の信仰ははじまったのでしょう。思わず知らず自分の小ささを
感じさせられました。
新宮駅には11時20分過ぎに到着。そこからレンタカーを借りてまずは速玉大社へ
熊野詣では本宮・那智・速玉らいいのですが  本宮近くに宿をとった都合上
速玉と那智大社を先にまわることにしました。
岩手をまわるときは、会員であるニッ○ンレンタカーでいつもフィットを借りているのですが
新宮には営業店がなかったので ト○タレンタリースでヴイッツを借りました。
1000CCほどですが これが走る頑張るのりやすい!よかったですよ~小回りもきくし。
[PR]

by oosumihayato | 2007-10-20 21:07 | 北へ

南紀のたび1日目~外宮 姫神奉祝演奏会

そんなわけで9時半すぎにはセントレアに着
伊勢方面に行くには どうも中部国際空港から松阪直結の
高速船が一番早くて便利というかんじだったので
予約していた高速船にのって エンヤートット エンヤートット
着陸してくる飛行機を眺めながらゆったり船旅~♪
(これが 「行きはよいよい、帰りは・・・・・・  死ぬかと思った!」になるのですが)

着いた松阪の第一印象とまちの雰囲気は・・
[PR]

by oosumihayato | 2007-10-20 20:23 | 北へ

南紀~伊勢・熊野~旅

ご無沙汰してました。
昨日まで伊勢・熊野方面をほっつきあるって(笑)ました。
d0088735_1832125.jpg



ほっつきあるった3日間。
[PR]

by oosumihayato | 2007-10-20 18:32 | 北へ

ようやく

ここ鹿児島も日中が30度を下回り ずいぶんしのぎやすくなりました。
この前の雨の日から気温が秋めいてきました。
年々、夏が長くなっているような気がします。
雨の降り方も激しくなりつつあるし。

でも今年も実りの秋・収穫の秋を迎えることができました。感謝感謝。


・・て まだ時折 つくつくほうしが鳴くんですが・・・ ドーユーコト?
d0088735_2332486.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2007-10-14 23:04 | 日々の暮らし

稲刈り時期ですねえ

デジカメもって チャリンコ乗って、うろちょろ(笑)
なかなか遠野チックでしょ。
d0088735_23444912.jpg



稲刈りはこの土日がピークではないかと。
d0088735_23454169.jpg



堤防沿いを行くと があがあとかわいい泣き声が 
これは よいネギカモだあ(ネタだあ(笑))
d0088735_23463856.jpg


早ぇえ ちょっとちょっとじっとしててよ(笑)
d0088735_23465132.jpg


それにしても 川の水が澄んでますね
d0088735_23472546.jpg


[PR]

by oosumihayato | 2007-10-13 23:48 | 日々の暮らし