道東の旅 Ⅰ 7月10日



7月10日
朝8:00発の鹿児島⇒羽田
鹿児島は雨。羽田に無事に着き,釧路行きの飛行機の乗り継ぎ待ちで、昼食をとっていたら
館内アナウンスが・・・

「釧路行き13:05発・・・はただいま視界不良のため 羽田空港に引き返すか 
千歳空港に向かう場合があります」とのこと

あれえ?釧路空港って濃霧でも 着陸誘導装置があって 着陸できるんじゃないの~?
まさか 花巻空港パート2ですかぃ?
(以前、花巻に行こうとしたら強風のため 欠航し、仙台空港に振り替え搭乗させられた経験あり)
建物内の本屋さんに急遽はいり、ガイドブックを探しました

えっと、羽田に引き返したとしたら・・・
カウンターにいって翌日便を振り替えて、宿を確保して・・ モノレールから近いホテルは・・・と。
だいたい、千歳におりたらどーすんの?
千歳から・・・釧路は・・・あった 特急・・ うっそぉん。塘路湖畔の民宿つくの9時まわるかも・・・

条件付運航ということで 飛行機は羽田を飛び立ちました。
ちょうど梅雨前線が全国にかかってる日で。飛行機は小刻みに揺れました

途中の機長による機内アナウンスでは、、、
「当機は順調に飛行しておりますが、目的地の天候不良のため現在調査中です。
自動誘導装置による着陸は 風速12mまでですが、現地では 現在のところすでに風速15mをこえているため装置がつかえません
よって、目視による着陸となります。現在、目的地周辺は風雨が大変強い状態で濃霧が発生しております。
釧路空港上空まで飛行したあと 霧と風の状況をみるため、釧路湿原上空にて旋回しつつ待機いたします。
それでもなお、霧と風がおさまらないということになりましたら 
羽田にひきかえすか、千歳空港に着陸することとなります」

乗客は 珍しく皆さん真剣に機長アナウンスをきいています(笑)

そして着陸15分前くらいになって 再度機長からアナウンスが・・
「まもなく着陸にむかって降下いたします。強風のため、ところどころ大きく揺れることが予想されます。 揺れましても・・(以下略)
なお、現在はいった最新の情報によれば、着陸できる可能性は0ではないとのこと。
また、霧の晴れ間も時折見えるようでございます。 目視による着陸体制であること、
また場合によっては着陸をやりなおす場合もございますので、
急上昇にそなえて シートベルトは腰の低い位置でしっかりとおしめください・・」

可能性は0ではない・・って。 着陸やりなおしの急上昇って・・

いや~ 今まで 何度も あちこちに飛行機のってますけど
こんなん はじめてですわ!! 急上昇って・・・
(つまり ゴーアラウンドがありえるってことなんでしょう。)

どきどきして 釧路上空までやってきて 窓から外をのぞくと霧の合間からぼんやりと空港の施設が見えます
(大丈夫そう。神様!お願いついてくれ~!引き返しなんてやだ~)
多分私以外の乗客皆が同じ思いだったでしょう

横風にあおられて 少々フワフワ上下に揺れましたが タイヤがドスンと陸地に接地した衝撃と音がきこえたら
機内後ろの団体客さんたちから 拍手がわきあがりました。

いやぁ~ よかった。

鹿児島は30度 釧路は17度。 レンタカーの営業所で手続きしてる間。寒かったです。
釧路市内は霧と台風みたいな横風と横殴りの雨で観光どこじゃなく
途中のコンビニよっておやつを少し買ったあとは ひたすら 塘路湖畔の宿までひた走りました。



宿は「湿原の宿 かむほ~む」
3部屋だけのこじんまりとしたペンション風の民宿です。
d0088735_16542778.jpg

室内はとても清潔ですっきりしていて 居心地よかったぁ。
d0088735_16545379.jpg

本当は 宿について夕飯まで 周囲を散策する予定でしたが 横殴りの冷たい雨じゃあねぇ・・・

とりあえず なんとか無事にたどりつけましたとさ。
宿は一回のリビングが食堂になっていて宿のお父さんのはからいで 釧路湿原の紹介DVDを見ながら 
晩御飯を食べました。
食事後は マップを取り出してきて 明日おこなうカヌーのコースやおすすめの展望台など・
いろいろお話をしました・

それにしても明日 この風雨はおさまるのかしら?こんな大雨じゃ増水するんじゃないの?
ちょっとそんな心配しながら床につきました。
それにしてもかわいらしいお部屋で ござっぱりとしてます

携帯電話はほとんど圏外だったけど(^^;
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-28 17:29

そして 道東の旅 へと続きます。

鋭意作成中。しばらくお待ちを。

しかし 八重山旅はディープだったというのが 今振り返りながら作成して実感されます。

さて次回更新からは 先日の 道東の森と湖をめぐるツーリングな旅 の旅日記です。

北海道では 釧路湿原を塘路湖~細岡までカヌーでくだり
その際 タンチョウとオジロワシを目撃しました。
屈斜路湖・釧路川源流部でカヌーもしましたし。
アイヌの方からムックリの奏法を習い 早朝の誰もいないオンネトー湖畔で
アイヌの方の思いをはせ、阿寒の山々に感謝の気持ちで捧げ、

この旅で すっかり 北海道にもはまりました
d0088735_17242487.jpg

d0088735_17245960.jpg

d0088735_17252434.jpg

d0088735_17263396.jpg



9月には西表島でアドベンチャーしてきます。
西表島でもマングローブ林・サキシマスオウの木、カンムリワシ・・・いろいろな生き物と出会いたいな。

しかし 北海道といい 沖縄の離島といい、、 乗り継ぎしないとたどりつけない土地。

直行便のある都会がちょっぴり羨ましかったりね。
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 17:26 | 北へ

八重山旅最終日 竹富島から旅立って・・・

朝。水牛の「ブモ~」と鳴き交わす声と
アカショウビンの「ピュリルルルル~」と近くで鳴く声で 目が覚めました。
d0088735_16454482.jpg

d0088735_16463770.jpg


朝ごはんを食べると それぞれ 旅立ちはじめました。
宿のおじぃは 朝の野良仕事へと自転車を押して畑にでました。。
d0088735_16451952.jpg


黒島帰りの年配の方は 今日は竹富島を歩いて一周するとかで、
孔雀の羽をリュックにさして 出かけました。

二人組みのお兄さんは 自転車で最後にまわってくるといい旅立ち。

私は昼近くの高速船で帰ることにしていたので しばらくにゃん次とたわむれることに
って にゃんじ~ あなた・・・(笑)
d0088735_16473633.jpg


同宿で仲良くなったAさんも今日帰るとのこと、
「んじゃ、一緒に集落 ぷらぷら散歩しましょうか」ってことで ぼちぼち歩くことにしました。
d0088735_16512030.jpg

まずは 自転車をお隣さんに返却しに立ち寄り デイゴ基金の募金箱があったので
なにげなく募金したら お店のおばちゃんが
「わぁ~!寄付してくれたよ~!ついさっき募金箱を置いたばかりなの。おねえちゃんが 第1号だよ」って
大喜びで言ってくれました。
はしゃいでくださって・こっちもうれしいような 恥ずかしいような照れるなぁ~
そんなわけで 丸八レンタサイクルの募金箱の第1号は私だそうです(^^;

d0088735_16521550.jpg

前から、三線の音色と共に水牛車がスロ~リ~にやってきました

d0088735_16531971.jpg

d0088735_17481122.jpg

d0088735_16544247.jpg

d0088735_16552193.jpg


コンドイ浜まで歩いてみました。
d0088735_16562158.jpg

d0088735_1658764.jpg


そして そのうちに お別れの時間となり。
最後に にゃんじに会えるといいなと思っていたら 軒先にいました。まぁるくなって(笑)

d0088735_16594792.jpg


いよいよ 宿のお父さんの運転で 港まで向かう段になって
何を思ったのか にゃんじが ワゴン車の2台に飛び乗って 二台でねそべりうだうだ。
ヘルパーさんが
「この子、車にはあまりいい思い出なくって 車好きじゃないはずなのに・・なんで飛び乗ったかなぁ」って
小首をかしげるほど。
帰らないでにゃん。っだったのか? にゃんじは フシギな女の子です。

送迎にAさんも同乗してくれて お見送りしてくださってるヘルパーさんに車内からお礼と挨拶すると
ヘルパーさんが にゃんじを抱き上げてくれて ”お手ふり”してくれて
それをみたら 一気にせつなくなって、涙がこみあげて 思わず号泣してしまいました。

なにもかもが 絵になる風景で。帰りたくないって気持ちと。

でも 乗る予定の船が着いてしまいました。。。。
以下はAさん撮影。↓
d0088735_173726.jpg

足取りは重く。
d0088735_1722913.jpg

さよ~ならぁ~~ うぇーん(><)
d0088735_1733522.jpg


ちなみに私からは こんなカンジで 必死にべそかきながら1枚撮影しました。
d0088735_1745175.jpg


石垣港についたら ちょうど 石垣島トライアスロンの日で。中心部は交通規制
ならば仕方ないと乗り込んだタクシーの運転手のお母さんの出身が鹿児島県ということで
 話がなごんでちょっと救われ

空港についたら「ご予定の便ですと 到着が遅れた場合、鹿児島ゆきの那覇発最終便に乗り遅れる可能性があります。1便前に変更できますので」とオススメされ

変更したら もうすぐ離陸とのことで すぐに搭乗。
石垣空港には5分もいなかったんじゃないかしら・・・
d0088735_177274.jpg



また 近いうちに 八重山を旅するぞ・・!
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 17:07 | 北へ

竹富島で日が暮れて・・・

竹富島は石垣島から高速船で10分と近く 日帰りもできるのですが
d0088735_1674443.jpg

八重山旅の先輩でもある 友人が「竹富島は泊まった方が、夜の静かな雰囲気を味わえるよ」
とのアドバイスもあったので

民宿に泊まる事になったわけですが。
d0088735_168475.jpg


「なかもり荘」さん
当初、どこの民宿に泊まろうか 検討していた際、ネットの口コミや「かわいい看板娘のニャンコがいる」
との情報に「ここなら気持ちよく泊まれそう♪」と選んだのでした。
d0088735_16162829.jpg


d0088735_16172995.jpg


花々の咲き乱れる庭先のベランダで 看板娘”にゃん次”を膝に抱っこして しばらくまったりしてました。

すると 同じく島内の散歩から戻ってきた 同宿の人たちもちらほら帰ってきて。
そのなかで一番 意気投合して親しくなったのがAさんでした
そのうちに夕飯になり。(ちなみに皆でそろって食堂で食べます)
d0088735_16212675.jpg


相席になった同宿の旅人同士で 島や旅の話で盛り上がり。
夕飯後、夕涼みに西桟橋に一緒に繰り出そうということになりました。

d0088735_16284993.jpg


Rちゃんとも合流して。

d0088735_16264980.jpg

同じように 夕涼みをしていた 旅人と一期一会の記念撮影会(笑)
d0088735_16321251.jpg


外国から旅してらした方もいました。国際的~!
d0088735_16342628.jpg


フクロウが鳴く中、帰途につきます。
オレンジの街灯がイイカンジ。
この時間を偶然同じ日に旅した者同士で共有し、島の小道を歩く
明日は それぞれがそれぞれの目的地にむかってまた旅をしてゆく・・・
広い日本の中の小さな沖縄の離島の島の夜で出会えたことは、すごく素敵で奇跡的なこと。
ロマンですわぁ。
出会いに乾杯だね、こりゃ。

d0088735_16374518.jpg


d0088735_16383850.jpg


宿に戻ったら、夕飯後残ってた方が”ゆんたく”していて その輪に入り。

三線を持ち出して 皆で 安里屋ユンタを歌ったり
泡盛のシークヮーサー割を味わったり。

その後 夜更けの散策にまたまた繰り出したり。
夜のなごみの塔は スリリングでした。
でも塔の頂上からは 石垣島の夜景に
遠く 小浜島や西表島の明かりもみえました。

部屋に戻ったら あっというまに眠りにつきました
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 16:41 | 北へ

なごめない?塔 とカイジ浜  4月24日

待ち合わせしてた八重山旅人 Rちゃんと
なごみの塔に のぼってみました
d0088735_1522439.jpg

えっ ええぇーっ??
d0088735_15204231.jpg


すごい急傾斜!!
d0088735_15223619.jpg

うっはあ・・・
d0088735_15232938.jpg


あ~竹富島だ~と改めて実感
d0088735_15274629.jpg


お昼は 八重山そばで 有名な「竹乃子」に行きました。
d0088735_15302330.jpg

八重山ソバ。 うどんとも中華麺ともそばとも違う・・ でもあっさりまろやかでクセになる味
d0088735_1530444.jpg


美味しかったです~!(この竹乃子さんは 後日談があるのですが それはまた今度(謎))

Rちゃんと、夕方 西桟橋で落ち合う約束をして いったん解散・自由行動。。

カイジ浜に行く事にしました。
星砂の浜 として有名ですが 最近は ツアーの団体さんがきては ペタペタやってくので
ほとんどとれなくなってきちゃったとか・・・ うぅ~ん。。

d0088735_15324416.jpg

d0088735_1533825.jpg


そうそう、このカイジ浜に向かう前に おやつの店「たきどぅん」に立ち寄り 名物の
サーターアンダギーをゲットしようと思ったら
おばちゃんが「売り切れよ~ でもあと2個残ってるさ。100円でいいよ」と
最後の2個を包んでくれました。

なんか得した気分~♪

さんぴん茶のペットボトルを手に カイジ浜のベンチで おやつすることにしました

これって とっても贅沢な幸せ時間やね!

d0088735_15354789.jpg

d0088735_15365553.jpg


d0088735_15373454.jpg


しばらく 人間ウォッチング。(笑)
d0088735_15382874.jpg

ちなみにこんなカンジのベンチです♪
d0088735_15392384.jpg


団体さんとおぼしき マイクロがやってきては どーっと人がおり
血眼?になって星の砂を探し 記念写真をとって どーっと去り
去った後は また静かな浜に戻り そしてまたマイクロがやってきて・・・

いやぁ、ツアー旅行もいいんだけどさ、なんかちょっとねぇ・・・・
d0088735_15435650.jpg


お天気は 快晴・・とはいいがたいですが うす曇りで かえって 涼しくて心地よい。。
カイジ浜のヌコとしばしたわむれ
d0088735_15452618.jpg

そろそろ夕方になってきたので 宿に戻る事にしました

途中 ンブフルの丘を抜け
d0088735_15461620.jpg

d0088735_1546492.jpg

d0088735_15474298.jpg


これは 鹿児島県民としては 申し訳ないような フクザツな気分です。
薩摩藩て 明治維新で大活躍しましたが その資金源は 琉球からの密貿易だったり
奄美の島々や 琉球政府を通した 八重山の島々への 過酷な税の取立てであったわけで・・・

なもんで、鹿児島人ですが どーも島津は好きではないのですね。裏の歴史を知っている身だと。
(ちなみに 鹿児島では 島津の歴代の殿様は英雄扱いですけどね。西郷隆盛らとともに。)
d0088735_1644181.jpg

↑デイゴの木かな? そういえば デイゴの気が 害虫に置かされてて 年々樹勢が弱まり
花が咲かなくなったり立ち枯れたりしているそうです。駆除剤にとてもお金がかかり
とても島民数百人がだしあう資金だけでは足りないそうで・・・
私もささやかですが おこづかいを募金してきましたが、竹富島に旅された方は 是非ご協力いただければと思います。

あの アカバナを守るためにも。

そして 集落まで戻ってきました。 あはは かわいい 赤がわらの屋根の 郵便局!
d0088735_15534214.jpg

なんかイイアジ出してますねえ
d0088735_1555310.jpg

ちゃあんと 屋根の上には シーサーもいますよ♪
d0088735_15555010.jpg



この郵便局の通りをはさんで 向かい側に
文豪 司馬遼太郎が宿泊した「高那旅館」があります ユースホステルでもあるようですね。

詳しくは 「街道をゆく・沖縄・先島諸島への旅」をご覧ください。
[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 15:57 | 北へ

コンドイビーチ

4月23日 コンドイビーチにて
d0088735_1565542.jpg


海なのに・・ 波がない・・・
さんご礁の海なので 波が打ち消されるんですねぇ

まるで湖の湖畔のような静けさ。 なにより きれいだなぁ~~~~~~~~
d0088735_1575884.jpg
d0088735_1581276.jpg


d0088735_1591633.jpg


のどかで まったり。。
d0088735_1510421.jpg


のんびり お昼ねできそう
d0088735_15104146.jpg

ヤドカリくんもお散歩中
d0088735_15124961.jpg

d0088735_15134781.jpg

小さな命もいっしょうけんめいに生きている・・
d0088735_15144644.jpg

敬意を表して 正面から記念撮影☆
d0088735_15154696.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2010-07-25 15:18 | 北へ