DEPARTURE~旅のはじまり。

沖縄の八重山諸島に行くにしても 心のふるさと岩手県 そして 北海道
d0088735_130089.jpg


どこにいくにしても 飛行機は移動手段として必要不可欠な私
空港は、旅の出発地点として、「いよいよ これから旅に出るぞ~!」といった高揚感と
「楽しかった~」と心地よい疲労感と 無事たどり着いた安堵感に包まれる 重要なポイント。

そのなかで 一番楽しいのが 目的地への飛行機に搭乗ゲートを通過するときと
飛行機がいよいよ動き出して 離陸に向かうひととき。

そこで・・・。

飛行機を空港内で整備している整備士さんたちいらっしゃいますよね

飛行機をプッシュバックしたあと、飛行機に向かって皆で整列して 「いってらっしゃ~い」と手を振ってる姿。

整備士さん側からすると、機内から手を振り替えしてくれるお客さんの
姿がはっきりわかるそうで、 振り替えしてくれるの見ると とても嬉しくなり
仕事のやりがいを感じたり 元気をもらえるそうです。

それを知ってから (数年前に副操縦士になった親戚もいるので 飛行機関係に親近感もあるのですが)

ひとり旅のときは ちょっくら恥ずかしいけれど それでもなるべく
整備士さんたちに手を振り返すようにしています。

なんだか こちらも 心がほっこりするし、感謝の気持ちも伝わるな~って思って。

猛暑の日も 吹雪の日も 飛行機を安全に飛ばすために日々整備してくれてるのですものね。彼らあってこそ飛行機にのって 楽しい旅ができ、目的地へと飛べるのですから。
d0088735_134353.jpg


そして いつかは 機長に昇格したハトコの操縦する飛行機に乗合わすことが夢です
[PR]

by oosumihayato | 2010-09-20 13:00 | 北へ

早起きは三文の徳?!

最近、母親がダイエットにと早朝散歩をしてまして、

「あなたも 最近運動不足だから土曜日の朝くらい一緒にやらない?」て言われて


今朝は5時半に起きました。いや起こされました。。

朝に弱い私は 寝ぼけ眼をこすりこすり・・ そうこうするうちに 置いてかれました(爆)
ジャージに着替えて 後を追って歩き出したら 外はもうだいぶ明るくて
d0088735_2358105.jpg

でも 空気は初秋の澄んだ気持ちのよい涼やかな風を含んでいます
d0088735_23571623.jpg


てくてく、てくてく・・・
最初は 眠気もあって足取り重かったのが 次第にノッテきました。
d0088735_23574915.jpg

田んぼの稲もいつのまにか実を垂れてきて。
毎日、バタバタと起きて車で出勤して そんなあわただしさに追われて

ふと、見てるようで見てないこと、見逃してる事 けっこういっぱい あるかもなって思いました。

スズメの朝の会話。
d0088735_23585930.jpg


川の中州にじっと立つアオサギ  ガァガァとかわいらいく尻尾をふりふり泳ぐ鴨
d0088735_23591958.jpg

d0088735_23583011.jpg


民家の軒先にいる ネコちゃん。

静の夜から 動の時間へと 時がうつり 朝が始まるひととき、

山の間から 朝日が昇ったとき 自然と 足は立ち止まり、朝日に手を合わせて拝んでました。
d0088735_23594143.jpg



今日も さわやかな朝を迎えられるということは 実は なんて素敵で奇跡なこと

そう気づかせてもらえただけでも
早起きは三文の徳 ですね。
d0088735_0004.jpg

[PR]

by oosumihayato | 2010-09-19 12:04 | 日々の暮らし

残暑見舞い

d0088735_2138423.jpg

d0088735_21384262.jpg

d0088735_21384255.jpg

d0088735_21384289.jpg

d0088735_21384253.jpg

そんなワケで?!
御歳16才の たっつまんこと 鷹男くんの癒される寝顔特集です

しばし 一緒にホケ〜となってくださいね(笑)
[PR]

by oosumihayato | 2010-09-13 21:38

道東の旅 最終章

釧路空港12時すぎの飛行機だったので、ガイドブックみて 阿寒湖からは1時間半くらいかかるらしい。
逆算して阿寒湖半の民宿を9時に出発することにしました。

・・・というのも 最後にもう一度オンネトーに立ち寄りたくて。湖を見ておきたくて。

最近 旅すると 最後は水に縁のあるところに立ち寄ってます。
4月の八重山ではコンドイビーチに。去年の岩手では北上川河畔のイギリス海岸に。
そんなわけで 今回の旅はオンネトーを最後に選びました。
d0088735_14504273.jpg


阿寒湖畔から足寄方面に向かって走り 9時半ごろ湖畔に到着しましたが 

観光客は他に誰も見当たらず。 ひとっこひとり いないし、声もせず。

d0088735_14522511.jpg

なんと、オンネトー貸切。
です


d0088735_14534245.jpg

朝の陽光をうけて 湖の湖面が キラキラと輝いています


長年、パソコンのデスクトップの壁紙にして いつか行ってみたいと思ってた湖。この景色なのよ~!!
d0088735_14551150.jpg

この日は雌阿寒岳と阿寒富士が頂上まではっきりくっきり見えました。
d0088735_14525415.jpg


前夜 アイヌコタンのお店で アイヌの伝統楽器ムックリの奏法を習い 音だしと簡単な奏法ができるようになった私は 朝の誰もいない オンネトーで  昔から変わらないこの風景に感謝し

無事に北海道の旅を終えられる事 様々な出会いに・・・

オンネトーの神様・阿寒の・・北海道の森の精に感謝をこめて  ビヨロン ビヨロン と 真につたない演奏ですが 真心こめて ムックリの演奏を捧げてきました。

そして しばらく 湖面を見つめて 森と湖面を渡ってくるそよ風に ふかれて・・・


さぁ、行こうか と立ち上がると フシギなことにそれまで 人っ子一人いなかった 湖畔に 次々に観光客の車がやってきて、バイクがとまりはじめました。
ものの5分もしないうちに 湖畔は観光客の談笑とカメラのシャッター音で賑やかに。

森の神?山の神様の粋なはからいだったんでしょうか・・?


ありがとうございました~。 と心で告げて 湖をあとにしました。 道東の旅、いろんな出会いがありました。
[PR]

by oosumihayato | 2010-09-11 14:57 | 北へ